アイフルの特徴について

アイフルの特徴について

消費者金融会社のアイフルに関するコメントです。

消費者金融会社のアイフルは京都に本社を置く大手消費者金融会社です。

TVコマーシャルや雑誌広告・ビルボード、ティッシュ配布などを他の大手消費者金融会社と同様に積極的な

拡販戦略をを実施に業績を伸ばした企業です。

アイフルは他の消費者金融の会社と異なり、独立系です。

その為に独自のサービス展開が目立ちます。独自サービスをいくつかをご紹介します。

毎月決まった日に返済する約定日制と返済の翌日から35日間の間にいくらでも返済が可能な35日サイクル制が選ぶ事が出来ます。この35日サイクル制は返済期日の前であればいつでも返済可能です。ですから返済日を前倒しに支払うことができます。

これはお金があるときに支払うことが出来るので、収入の入金が不定期になりがちなフリーランスの人などに向いている返済方法です。

また、アイフルは先行してインターネット対応をはじめた消費者金融会社です。

こちら



インターネット経由の申し込みから審査、振込までが可能です。

忙しくて、なかなか店舗にいく事が出来ない場合はとても便利な方法です。

また、審査もスピーディーだといわれています。最短30分でネットで契約を完結することが出来ます。契約書類の郵送も必要ありませので、このあたりが審査がスピーディーだといわれるゆえんかも知れません。

このようにアイフルはスピーディーで柔軟なサービス展開を行う消費者金融会社です。

良く比較検討して、自分に最適な消費者金融会社をお選び下さい。

アイフルのCMについて

何気なくテレビを見ていても忘れられないCMやキャッチフレーズ、テーマソングってありますよね?

そんな、素晴らしいCMの一つにアイフルのCMがあると思います。現在ですと、バナナマンが「ホッ」をテーマに出演されてますね。

こちら

安心して利用できるということが伝わってきて非常に分かりやすいです。やはり、安心して利用できる消費者金融サービスは素晴らしいと思います。

私がアイフルのCMで一番印象に残っているのは、チワワと男性の俳優さんが出演されているCMです。ストーリー仕立てになっていて、俳優さんがチワワの可愛さと現実の問題に悩むという内容で、「どーする?アイフル」というキャッチフレーズも印象的です。チワワが本当に可愛らしくてどーしようというもどかしさがとても伝わってくるCMです。

そういえば、「どーする?アイフル」というキャッチフレーズはいつからなくなったのでしょうか?私としては、アイフルといえばこのフレーズだと思うのですが、最近のCMでは使われてませんよね。このフレーズが使われていた頃はよく日常でも、迷ったときに「どーする?○○」という感じで使うぐらい私の生活に密着したフレーズだったので、少し残念な気がします。

こちら



やはり、お金を取り扱う会社なので、生活に密着していたり、安心して利用できるということが一番大事かなと思います。そういった点ではアイフルは安心して利用できる素晴らしい会社、サービスだと思います。

これからも、印象に残る面白いCMやキャッチフレーズが出てくることを楽しみにしています。

とつぜんの網膜はく離

義理の父がとつぜん網膜はく離をわずらってしまい、近所の病院に入院をすることになりました。

父は運送の仕事をしているので、後遺症が出てしまうと仕事ができなくなってしまいます。

できるだけ早く手術をすることになりましたが、義理実家には貯金がまったくなく、手術費どころか入院費用も出せない金銭状況です。そこで息子である主人が費用をたて替えることになりました。

手術もぶじに終わり、いまのとこ後遺症の心配もないとのことで一段落、やっと退院できました。

しかし父が入院していた間は完全な無収入状態、義理実家の家庭には今月の食費すらありません。

こちら



うちも入院費、手術代、その他もろもろの費用を出していたので、残っているのは子供の学費ぐらいしかありません。

この学費にだけは手をつけないでと主人を説得。

とりあえず父の収入が安定するまではと、主人がキャッシングでお金を借りることになりました。

会社の帰りにアイフルに寄り、そこで審査などを受けて融資してもらい、その足で義理実家へお金を渡したとのことです。

父は1ヶ月もしないうちに再び働きだし、その月はほぼいつもどうりのお給料をもらうことができました。

アイフルへの返済を自分で行うつもりだった父。しかしまだ完全に回復したワケではありません。

金利も安く無理のない額だったので、主人がコンビニから返済をしました。

いまでは父も元気になり、活気がみなぎっており以前の父に戻っています。

遠方の仕事先で旬のくだものや野菜、お土産などをたくさん買ってきては、ドサッ!と家に持ってきてくれます。


こちら こちら


  次のページへ>>