限度額の拡大方法

限度額の拡大方法

「アイフル土日」や「サラ金」、「キャッシング」などを利用する際には、多くの場合「利用限度額」や「貸出限度額」といったものが設定されます。

これらは、「この人にはいくらまでなら貸しだしても良い」というひとつの基準です。

「利用限度額」や「貸出限度額」は業者の基準にそって決められるので、一概にいくらということはできません。

しかし、「アイフル土日」などを利用している人であれば、「もう少し限度額が大きければ・・・」と思ったことのある人も多いのではないでしょうか。

「利用限度額」とは、ある意味業者側のリスクコントロールですので、どうしても保守的になりがちです。

こちら



いざという時に限度額が低すぎて、別の業者から借入をしてしまうなんてことがないようにしておきたいものです。

「利用限度額」の引き上げには、ひとつの重要なポイントがあります。

そのポイントとは「業者との信頼関係」です。

業者側は申込者に対して「信用」を付与し現金を貸し付けることになります。

当然、「信用」出来ない人には、現金を貸し出すことはできません。

逆に「信用」があり、しっかりと返済してくれる人には、多少大きな金額でも貸し出すことができます。

こちら



したがって、「利用限度額」を引き上げたければ、「返済期限に遅れず借り入れたものは余裕も持ってきちんと返済をする」ということを繰り返していれば、業者も快く交渉に応じてくれることでしょう。

大きく変わったアイフル土日

消費者向けの信用供与は、アイフル土日はconsumercreditと呼ばれます。小額、無担保の短期貸し付けが中心です。残高は30兆円強です。このうちアイフル土日専門会社による融資額はおよそ9兆円となっています。

こちら



アイフル土日を行うには、貸金業法に従って登録が必要です。登録せずに不正に高金利で貸金業を営む者が後を絶たないが、闇金融業者と呼ばれ取締りの対象となっています。アイフル土日は1990年代に、自動契約機の普及やテレビ広告の解禁もあり、便利さや社会的要請もあり消費者信用はその地位を築いてきました。

事業融資が不振である銀行は、アイフル土日の高収益を狙って新しい事業領域として参入しました。参入の形態は、アイフル土日専門業者との提携や銀行子会社の設立、資本提携や銀行による吸収統合なども行われています。

アイフル土日は過酷な取り立てが常態化して大きな社会問題となりました。

こちら

消費者に返済する経済力が脆弱であったことは間違いないですが、高金利による過剰な融資は消費者をどん底まで追いつめました。多重債務者などを救済する目的で、2006年12月に改正貸金業法が成立しました。改正法では「出資法の上限金利」と「利息制限法の上限金利」の間のグレ-ゾ-ン金利が廃止されました。金利は利息制限法の上限金利である20%に統一されました。また年収による制限も加えられました。

このような規制強化によって小規模の貸金業者数が減少し、大手のアイフル土日業者や銀行系と提携などを行ったアイフル土日業者が生き残りアイフル土日業の主流となっています。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>