必要不可欠なアイフル土日

必要不可欠なアイフル土日

近年の激しい動きでアイフル土日業界は嵐の中にありますが、なくてはならない存在であるのもアイフル土日です。小口のお金を融資してくれる機関はどこの国でもありますし、それによって社会が潤滑に回っていることは否めません。

このした中、私たちはどのようにアイフル土日と付き合っていけばよいのでしょうか。

お金を借りる場合に注意しなくてはいけないのが金利です。金利のことにをあまり気にせずに借り入れをする人がいますが、これは絶対にやめてください。

正しい金利知識を身に着けることが正しいキャッシングにつながります。金利は0.1%異なると返済額に大きさ差が出てきます。

こちら



また、毎月返済する金額によっても残金に大きな差が現れます。アイフル土日の便利なところは、返済金額以上のお金を返してもよいことにあります。

残業代などが多めに入った時などは、積極的な返済をお勧めします。通常ならば10,000円のところを13,000円にするのです。わずかな差ではありますが、3000円の元金が減りますのでその分金利負担が軽減されます。

このような意識を持っていれば、アイフル土日はあなたの強い味方と言えるでしょう。ただし、くれぐれも余分なお金の借り入れは控えましょう。

こちら

債務整理後のアイフル土日再利用

債務整理してから何年経過したのかは正確に覚えていません。たぶん7、8年は経過しています。

当時の利用は現在、自分で考えても恐ろしい利用の仕方で二度とあのような利用の仕方は生理的に受け付けません。

その利用の方法は競馬に使うために利用したのです。

競馬場に1万円位の所持金で行きます。自分の財力では到底1万円も使うとは思いもよらずに勝つことだけを考えて行くのです。

それがあっという間に負けてしまうのです。頭が熱くなります。

必ず取り返すとの思いで、アイフル土日カードで1万円引き出して馬券購入に使います。

こちら

これもあっと言う間に失ってしまいます。今度は2万円をカードを使って引き出します。

競馬場とアイフル土日のATMの距離は道一本挟んだだけです。

このようにして、1日に3万円位は軽々と利用してしまいます。

多いと時は10万円を利用した時もあります。本当に稀に競馬に勝つ時はありました。この時はほんの少しだけ返済していました。

このようにして100万円の利用限度額は半年程度しか持ちません。その後は引き出しては返済金に当てる自転車操業で、結局は小遣いの他に貯蓄を取り崩して返済する羽目に陥り、債務整理したのです。

今は競馬場には行きません。

こちら

ですからアイフル土日を利用することもないと考えていました。

ところが妻に内緒のお金がどうしても5万円ほど欲しくて、あれこれ思案した試みの一つでインターネットに出ているアイフル土日の「利用可能限度額をお知らせします」とアピールしているサイトで、自分の利用限度額を確認してみました。

債務整理者だから無理だろうなと思っていたのですけれど意外と、「20万円可能」と出たのです。

それでも信じられず、20万円程度ならと考えて、メールで送られてきた住所、登録番号を頼りに自動契約機で手続きを進めました。

なんと本当に20万円の利用限度額のカードが作成出来たのです。

クレジットカード 即日発行
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>