現在のアイフル土日イメージ

アイフル土日大手の企業が、メガバンクの子会社化されてもうかなりの年月が経ちます。

このことはどのような意味を持つのでしょうか。

もちろん、メガバンク自体がアイフル土日に対してうまみを感じ買収子会社化したということがいえると思います。

このことは、アイフル土日に対していいイメージを与えるものだと感じています。

つまり独立して営んでいたそれまでのアイフル土日が、メガバンクという安心のブランドイメージを持つ企業の子会社化することによって、アイフル土日自身にも安心というイメージが付いたのです。

こちら



以前は「サラ金」とも呼ばれ、悪質取立てが問題になった企業が、その後企業努力もありほとんどそのような話が聞かれなくなったのは言うまでもありません。

こちら



親会社のメガバンクの看板に泥を塗るわけにはいかないというのもあるかもしれません。

この子会社化したアイフル土日で実際に変わったのはブランドイメージだけではありません。

2010年に改正された、貸金業法及び出資法改正前に存在したいわゆるグレーゾーン金利の存在がなくなったことです。

貸した金額にもよりますが、金利が20%以上から29.2%未満の金利がグレーゾーン金利と言います。

こちら



この法律の抜け穴のような金利が、アイフル土日の「怖い」というイメージを作っていたと思います。

これらがなくなり、金利がはっきりとしたこと、上限金利が下がったこともイメージがよくなったことに貢献していると思います。

実際、某社の貸付利率は実質年率4.70%〜18.00%となっています。

こちら



この金利は以前の最大29.2%よりもかなり低いものとなっています。

借りすぎは決してよくありませんが、積極的に利用を検討してもいいのではないかと思います。

また、借りる前にはまずローンシミュレーションをして、返却計画を検討するのも大切です。

たとえ小額でも、すぐに返却し信用をつむのがアイフル土日を利用するためには一番重要なことだと考えられるのです。

初めてカードローン
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>